1. 無料アクセス解析
紹介しよう!
いろんな出来事やいろんな商品を紹介します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森林の力=フィトンチッド

森林の力=フィトンチッド

「フィトンチッド」。聞きなれない言葉かも知れませんね。いったい何なのでしょうか?

フィトンチッドとは一言で説明すれば 『森林の香り』 或いは 『森林の不思議』 です。 でも自然と触れる機会が少なくなった現代では「森林の香り」と言われてもピンとこないかもしれません。

もう少し具体的に言うと「木の香り」。

こう説明すれば皆さんは、材木やさんや新築の木造住宅に漂う匂いやヒノキ風呂の香りを思い浮かべるでしょう。 そして「何だ、難しそうな言い方をしているだけで、たかが木の香りじゃないか。」と思われるかもしれません。でもちょっとお待ちください。わざわざ「フィトンチッド」と呼ばれ、また最近その存在が注目されている背景には、ちゃんとした理由があるのです。


それでは、樹木は何のためにフィトンチッドを作り出すのでしょうか?

樹木が光合成を行うことは皆さんも良くご存知だと思います。樹木が生きていく為に必要な活動で、人間が食事をとることと同じです。
光合成は太陽の光エネルギーを利用して、炭酸ガスと水から炭水化物を作り酸素を放出します。さらに樹木は二次的にフィトンチッドなどの成分を作りだすのです。

このフィトンチッドには、作り出した樹木自身を護るさまざまな働きがあります。
他の植物への成長阻害作用、昆虫や動物に葉や幹を食べられないための摂食阻害作用、昆虫や微生物を忌避、誘因したり、病害虫に感染しないように殺虫、殺菌を行ったりと実に多彩です。
土に根ざして生きる樹木は移動することができません。そのため外敵からの攻撃や刺激を受けても避難できませんから、フィトンチッドを作り出し、それを発散することで自らのみを護るわけです。

1930年頃、旧ソ連のB・P・ト-キン博士は、この植物の不思議な力を発見し、フィトン(植物が)チッド(殺す)と名づけました。

食べ物の鮮度を保つフィトンチッド

一例を身近な、食べ物にとってみましょう。

食品は空気中の酸素と反応し、過酸化物ができて分解します。この現象が、たべものの腐敗です。したがって、たべものを保存するには、酸化しないようにすることが必要なわけです。

こうした酸化を防止するために、フィトンチッドが利用されてきたのです。フィトンチッドの働きが、たべものの鮮度保持には欠かせない存在だったからです。 また、フィトンチッドは、食中毒の原因となるような細菌に対しても効果がありますから、たべものの保存ばかりか、たとえば『なまもの』を食べる際にも、さまざまな形で利用されてきました。 

少し具体的な例を見るために、お寿司屋さんの暖簾をくぐってみましょう。

お客様に握った寿司をのせる飯台には『ヒノキ』が使われています。
ヒノキにはカンファー、α-ピネン、リモネン、カジノールなどテルペン類の成分が多く含まれており、これらの相乗効果により抗菌作用が働きます。

さて寿司ネタを入れたガラスケースのなかには『椹(サワラ)』の葉が置かれています。これは見栄えをよくするだけではありません。
サワラに含まれている成分はピシフェリン酸で、この物質は強い酸化防止作用を持っています。
お寿司を握るときには『ワサビ』をきかせますね。お刺し身を食べるときにも使います。

ワサビの香りには、アリルイソチオシアネートという舌を噛みそうな名前の成分があり、強力な抗菌作用があります。

お寿司を食べる合間には必ずといってよいほど『お茶』を飲むと思います。このお茶には、カテキンという成分が含まれていて、この成分にも抗菌作用があります。

もう一つお寿司を食べる合間に欠かせないのが『ショウガ』、通称ガリです。
ショウガにはゲラニルアセテートという成分があり、やはり抗菌作用が働いています。

さらに最近では見かけなくなってきましたが、お土産のお寿司を包む際には『経木(きょうぎ、スギやヒノキなどの木を紙のように薄く削ったもの)』が使われました。また、お寿司を並べた間に『ササの葉』の細工物や『シソの葉』などをあしらい、見た目の美しさばかりか鮮度保持にも気を配ったわけです。

この他にも例を挙げだすときりがありません。柿の葉寿司もそうですし、鱒寿司や鮭寿司など押し寿司の類はたいてい木の葉で包まれています。

研究データに見るフィトンチッドの抗菌作用

フィトンチッドの抗菌作用を科学的に裏付ける研究例をいくつかご紹介しましょう。

ヒノキ科樹種のメタノール抽出物を用いて、緑膿菌、大腸菌、黄色ブドウ状球菌、枯草菌への抗菌作用を調べた結果、ヒノキ材、カイヅカイブキ葉、コノデカシワ樹皮、ヒノキアスナロ(青森ひば)材が黄色ブドウ状球菌、枯草菌に対して強い抗菌性を持つことがわかりました。

サワラに含まれるピシフェリン酸を用いて、同じく細菌類への作用を見たところ、黄色ブドウ状球菌に対してやはり強い抗菌性を持つことが確認されています。

また針葉樹葉油を揮散状態にして、真菌類(カビ)への抗菌作用を調べると、ネズコが黒麹カビに対して非常に強い生育阻害を示した他、ヒノキやヒノキアスナロがアオカビ属に対して、ハイビャクシンがフザリウム属に対して、それぞれ強い育成阻害を示したのです。


地球環境育成商品のエコデパジャパン

【商品の紹介】

青森ひば化粧石鹸 ゴールド
青森ひばオイルが2%も入った贅沢な化粧石鹸です。
デオドラント効果が非常に高い石鹸です

青森ひば石けんゴールドは、青森ひば油を2%と贅沢に配合していますので、デオドラント効果が非常に高い石鹸です。

青森ひば油に含まれる天然ヒノキチオールがお肌を雑菌から守ってくれます。さらに使用後のお肌はしっとりとなめらかです。
パラベン・合成香料・色素・エデト酸塩は使用していませんので、お肌の弱い方・赤ちゃん・アトピーの方にも安心してご使用いただけます。
肌のかゆみを抑えますのでアトピー性皮膚炎・湿疹・にきび等でお悩みの方には特にお勧めです。


森の生力-もりのいのち
自然の恵みを最大限にいかした入浴剤です

森の生力-もりのいのちの特徴

テルペン類を多く含んだ天然ヒノキ、ユーカリの、フィトンチッドの働きにより、仕事上がりの疲れを解消、精神安定を促しリラクゼーション作用があり、安眠が期待されます。

天然ヒノキチオールの持つ優れた除菌、抗菌、洗浄作用によりお肌を清潔に保ち、又,浴槽や風呂釜も清潔に保ちます。尚、蒸発した主成分の働きにより浴槽内のカビの発生も抑制します。

ユーカリ油の保湿作用により、お肌がスベスベとして敏感肌や乾燥肌の方にもご使用になれます。

天然抽出エキスにより身体を心から暖め入浴後の湯上り感が違います。 使用時に細かい泡が出ますが、植物油成分の働きによるもので、この働きによって脂肪酸や身体の老廃物を除去します。このため体臭防止作用があり、排水管からの臭いなども分解消臭します。

残り湯はお洗濯にも使用でき、洗濯機に発生するカビなども抑制します。 24時間循環風呂にも使用できます。

アトピー性皮膚疾患の方の入浴剤
「森のいのち」は、アメリカの財団法人、
野口医学研究所・品質推奨品となりました!
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 紹介しよう!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。